技術資料

透明蒸着PET構成品からの耐ピンホール強化策

  • 技術資料
  • 透明蒸着PET構成品からの耐ピンホール強化策
バリアONYから透明蒸着PETに構成変更した場合、ピンホール発生率が高くなります。脱酸素剤キーピット封入包装もピンホールが発生しては効果が得られません。水蒸気透過度の低いバリアONYを使用すれば賞味期限延長と耐ピン対策の両立が可能です。

よくあるご質問:おいしさを維持し、ピンホールが改善できるフィルムがありませんか。