よくあるご質問

よくあるご質問FAQ

  • よくあるご質問

脱酸素剤の選び方について

Q金属探知機を使用したいのですが…鉄系タイプを使用しています。有機系に変えたいのですが、サイズ、コストで悩んでいます。

A
単位体積当たりの脱酸素剤内剤がより多くの酸素を吸収するタイプがあります。
このタイプをご使用いただくことで、酸素吸収性能を維持しながら、従来寸法(サイズ)より小型にでき、コスト上昇も出来る限り抑えることが可能です。

お問い合わせはこちら

QX線装置を導入することになりました。有機系タイプを使用していますが、そのまま使用できますでしょうか?

A
一般的な有機系脱酸素剤は金属検出機対応なので、X線検出機には対応できません。
特殊な原料を配合した脱酸素剤キーピットをご使用いただくことで、X線にも金属検出機にも対応できます。

有機系自力反応型キーピットはこちら
有機系タイプを使用していますが、そのまま使用できますでしょうか?

Q複合型脱酸素剤を使用していますが…ピンホール対策にアルコール揮散併用の脱酸素剤を紹介されましたが、本当に対策・改善に効果的なのでしょうか?

A
包装フィルムにマイクロピンホール、トンネルシールがあると、酸素が流入し、カビ発生の原因になります。
アルコール揮散剤・脱酸素剤併用型キーピットを使用すると、マイクロピンホールやトンネルシールの開口部の径が小さい場合、アルコール揮散(蒸散)剤の効果によって、商品の鮮度を延命する可能性がございます。

アルコール揮散剤・脱酸素剤併用型キーピットはこちら
ピンホール対策にアルコール揮散併用の脱酸素剤を紹介されましたが、本当に対策・改善に効果的なのでしょうか?

Q鉄系から有機系に切り替えましたが…包装作業可能時間が短くなり。作業効率が悪いのですが、何か対策できませんか?

A
自力反応型から水分依存型にすることで、作業時間が長くなり、お取り扱いしやすくなります。

有機系水分依存型キーピットはこちら
包装作業可能時間が短くなり。作業効率が悪いのですが、何か対策できませんか?

Q新商品への使用を検討しています。脱酸素剤、アルコール揮散剤、乾燥剤と種類ありますが、何が一番適しているのでしょうか?

A
水分活性値が0.6以上ですと、カビの発生が考えられます。
脱酸素剤かアルコール揮散(蒸散)剤の使用が必要になります。
また、その選択は使用する包装フィルムや保存する期間を考慮して水分量により検討します。
適した選定をいたしますのでご相談ください。

お問い合わせはこちら

Qクッキーの匂い変化に悩んでいます。酸化によるものと思われますが、脱酸素剤は、乾燥剤と併用しても問題ありませんか?

A
脱酸素反応には水分が必要です。
乾燥剤と併用すると脱酸素の反応に必要な水分が奪われ、酸素吸収能力が低下する可能性があります。
乾燥剤との併用に対応した脱酸素剤の仕様があります。

鉄系自力反応型キーピットはこちら

キーピットの機能について

Q有機系脱酸素剤を使用し始めたのですが…使用していた鉄系に比べ、酸素吸収が遅くなりました。有機系で速いタイプは無いでしょうか?

A
脱酸素剤キーピットは包装材の通気性と脱酸素剤内原料のコントロールで冷蔵(低温化)でも酸素吸収するタイプがございます。

有機系自力反応型キーピットはこちら
使用していた鉄系に比べ、酸素吸収が遅くなりました。有機系で速いタイプは無いでしょうか?

Q抹茶の退色に困っています。

A
光、水分による変色の可能性があります。
特殊な脱酸素剤キーピットと包材フィルムを使用することで、酸素や光、水分による変色を防ぐことが可能です。

鮮度保持剤キーピットはこちら

Q冬場の出荷が遅くなるので困っています。

A
酸素検知剤はメチレンブルーの酸化還元反応を利用しております。
そのため外部の温度に影響されます。
酸素検知パウダーはメチレンブルーの反応を、速やかに進めるため特殊な基材と処方で反応速度を向上しております。

酸素検知剤付キーピットはこちら

Q電子レンジにかけてもいいですか?そのまま電子レンジにかける商品に変更したいのですが、問題ありませんか?

A
一般的な脱酸素愛剤は鉄系も有機系も、電子レンジにかけることはできません。
特殊な原料配合した脱酸素剤内原料と包材フィルムを使用したキーピットをご使用いただくことで、電子レンジにも対応可能です。

鉄系水分依存型キーピットはこちら
そのまま電子レンジにかける商品に変更したいのですが、問題ありませんか?

Q脱酸素剤を使用し始めたのですが…品質保証期限延長対策で、脱酸素剤を使用し始めました。お客様から以前に比べ何か異臭がするとご意見ありました。脱酸素剤使用する事で何か匂いが発生してしまうのですか?

A
一般的に使用されている包装フィルムは安全ではありますが無臭ではありません。
特殊機能を持った鮮度保持剤キーピットでその臭い(臭気)を減らす(軽減)可能があります。

お問い合わせはこちら(脱酸素剤について)
品質保証期限延長対策で、脱酸素剤を使用し始めました。お客様から以前に比べ何か異臭がするとご意見ありました。脱酸素剤使用する事で何か匂いが発生してしまうのですか?

ピンホール対策・フィルムについて

弊社では、鮮度保持剤を使用した商品をより良きものとするため、
外装包材についても商品品質改善、クレーム対策等の課題を解決させていただいております。

Q脱酸素剤を使用すると食品が乾く(パサパサする)ので、アルコール揮散剤を使用したいのですが?

A
脱酸素剤は食品の水分を取りません。
食品が乾く(パサパサする)のは、脱酸素剤が原因ではなく、包装フィルムからの水蒸気透過が主な原因です。
また、商品の食感に適応した脱酸素剤や包装フィルムを使用いただくことで、より水分を維持し、しっとり感を改善します。

お問い合わせはこちら(包材について)

Q美味しさを維持し、ピンホールが改善できるフィルムがありませんか。

A
賞味期限延長策でバリアナイロンから透明蒸着PET(ペット)にすると、フィルムに張りが出て、包装材が固くなり、ピンホールが増えることがあります。「DN-2ハイバリア」を利用することで、摩擦・屈曲で発生するピンホールを激減させ、賞味期限も延長できます。

お問い合わせはこちら(包材について)

Q冷凍保存時のピンホール対策はありますか?

A
冷凍保存した場合、包材が硬化するため、振動・衝撃などでピンホールが増加しやすくなります。 DN-2は冷凍に強い包装フィルムです。DN-2を使用することで、ピンホールを減少させることができる上、冷凍時の商品の乾きも改善することができます。

Q冷凍流通品でピンホールがなくなりません。

A
DN-1を使用することで、ピンホール率がかなり軽減される可能性があります。
詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
冷凍流通品でピンホールがなくなりません。

キーピットに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0865-44-6655