技術資料

冷凍時のピンホール対策

カビ発生原因は包材ピンホールによるところが多く、特に冷凍保管・輸送時の発生率は極端に高くなります。脱酸素剤キーピット封入包装もピンホールが発生しては効果が得られません。冷凍条件下でも包材の強度アップにより発生率を軽減する事が可能です。

関連商品:キーピットQT-PW

よくあるご質問:美味しさを維持し、ピンホールが改善できるフィルムがありませんか。
          冷凍保存時のピンホール対策はありますか?
          冷凍流通品でピンホールがなくなりません。